ウォーターサーバーを比較する前に知っておこう!

ウォーターサーバーを使いたいけど、電気代が気になるという人へ

denki
ウォーターサーバを使ってみたいけれど電気代が気になる、という人は少なくありません。
東日本大震災以降、電気代は概ね上昇傾向にあり、家計に与える影響は無視できません。
ここでは、ウォーターサーバーの電気代について考えてみます。

ウォーターサーバーの電気代の相場は?

サーバーにかかる電気代は、各会社によって異なります。
最近は省エネタイプが人気で、どのウォーターサーバーでも電気代を節約することが重視されています。

例えば一般的にウォーターサーバーの電気代は月に1,000円が相場とされています。
しかし大手宅配水会社のサーバーは電気代の平均額が月に約550円となっていて、業界の中でもかなりの安値を実現しています。
また、省エネモードを搭載する他社のサーバーでは、月間電気料金を約400円に抑えることを可能にしているのです。

冬場など、頻繁にお茶やコーヒーを飲む人は、電気ポットを使用する人もいるかと思います。
電気ポットの月間電気料金は約900円といわれているので、お湯も冷水も好きなときに出せるウォーターサーバーは、実は電気代の節約になるということがわかります。

一ヶ月の電気使用量が1,000円以下になるウォーターサーバーは、基本的に節電タイプとなっています。
使っていないときはオートで電源がオフになったり、寝る前に省エネモードに切り替えられるタイプのサーバーも登場しています。

電気代が心配なウォーターサーバーは、使用頻度や家族のライフスタイルに合わせて、より節電になるサーバーを選ぶことができるのです。

電気代だけでなくメンテナンス費用も計算する必要が

どうせ使うなら、電気代が一番安く済むタイプのウォーターサーバーがいい!
なんて思う人が多いのではないでしょうか。
もちろん、電気代が安く済むことは大切ですね。
しかし、ウォーターサーバーを使用する際は、電気代以外の面も計算に入れる必要があるのです。

ウォーターサーバーにかかるお金は、電気代だけではありません。
お水自体にかかるお金、サーバーのレンタル料、水の運送料、メンテナンス料金なども考慮しなくてはなりません。

レンタル料と運送料は、会社によって無料だったり注文額の制限があったりするので、それぞれ調べておく必要があります。
これに対して、メンテナンスはどこの会社でも必要です。
ウォーターサーバーは水を扱う機器なので、衛生面や機械の性能を定期的にメンテナンスする必要があるからです。

メンテナンス料金が費用に上乗せされているところと、セルフメンテナンスを勧めているところ、一定期間ごとにサーバーごと交換してくれるところなど、こちらも会社ごとにさまざまです。
美味しいお水をいつまでも美味しく楽しむために、サーバーのメンテナンスは欠かせません。
必要経費として、考えておくとよいのではないでしょうか。

サーバーは電気によって稼動しますが、実際のところは、多くの人がイメージするように高額な電気代のかかるもの、というわけではありません。
今回ご紹介した内容から、ウォーターサーバーは家計を圧迫せずに安心して使えるということがわかって頂けたのではないでしょうか。