ウォーターサーバーを比較する前に知っておこう!

ウォーターサーバーの「ワンウェイ方式」ってどんなもの?

2bottle
ウォーターサーバーについて調べていると、「ワンウェイ方式」なんて言葉を目にする機会があるのではないでしょうか?実はウォーターサーバーの利用方法にはいくつかの種類があります。ここでは、その基本的な種類についてご紹介します。

宅配水のボトル交換方法について

ウォーターサーバーで使われる水は、多くの場合、レンタル元の会社が採水・加工・ボトリングしています。サーバーには水の入ったボトルを設置し、空になる頃を見計らって次のボトルを注文することになります。このとき、空になったボトルをどうするかは、各社システムが異なります。

リターナブル方式

最もメジャーなのは、空になったボトルを保管しておき、新しいボトルと交換で回収してもらう方式です。一度使用したボトルは業者によって洗浄・消毒され、また再利用されます。エコで低価格で済むのがメリットですが、利用者は回収日まで空ボトルを家に置いておく必要があり、室内に保管用スペースが必要になるというデメリットも。

ワンウェイ方式

こちらの方式では、空になったボトルはリサイクルゴミとして廃棄します。業者に返却する必要がないので、室内に余分なスペースが要りません。ただし、自分でゴミ処理をしなくてはいけないことと、水にかかる費用が高めになるというデメリットもあります。

衛生的で一人暮らしにもオススメのワンウェイ方式

リターナブル方式では、洗浄・消毒されるとはいえ同じボトルが複数回使用されることになります。ボトルには洗浄などで付いた細かな傷が残り、使用状況によっては、そこに雑菌が繁殖する可能性があります。気分的に、同じボトルが使い回されるのはイヤ、という人もいるかもしれません。

それに対し、ワンウェイ方式なら一度使ったボトルは廃棄されるので衛生面が安心です。また、リターナブル方式のボトルでは中の水が減っていくと替わりに空気が入るようになっており、空気中の雑菌やウイルスが水に混じってしまう可能性もあるといわれています。

ワンウェイ方式のボトルでは水が減るとその分ボトルがしぼんでいく作りになっており、余計な空気が入りません。こういった面でも、ワンウェイ方式は衛生的で安全だといえるでしょう。

また、リターナブル方式では空になったボトルを回収日に玄関外に出しておく必要があり、一人暮らしや女性・老人だけの住まいでは防犯上心配だという人も。かといって、ボトル回収に合わせてわざわざ在宅しているのも、仕事をしている人にとってはなかなか大変です。

ワンウェイ方式なら、空になったボトルはいつでも好きなときに捨てることができます。材質は市販されているペットボトルと似ているので潰しやすく、かさばりません。部屋に余計な物を置きたくない人にも、ワンウェイ方式はオススメとなっています。

以上のように、さまざまなメリットがあるワンウェイ方式。とはいっても、最近はサーバーの除菌フィルターやボトルの衛生管理技術が向上し、リターナブル方式でもより安全で衛生的なサーバーが増えてきています。費用や衛生面などいろいろな角度から検討し、自分に最も適したウォーターサーバーを選ぶようにしてみてはいかがでしょうか?