ウォーターサーバーを比較する前に知っておこう!

お水にも賞味期限がある?ウォーターサーバーの水の賞味期限

water
さまざまな食品に設定されている賞味期限。

水にも賞味期限があるということをご存知ですか?

もちろん、ウォーターサーバー用のお水にだって、賞味期限があるのです。

ウォーターサーバー用のお水の賞味期限とは

水道から出てくるお水と違い、災害時用にストックしているお水では賞味期限は重要です。いざというときお腹を壊したりしないよう、賞味期限を守って保管しておく必要があります。

ウォーターサーバーを利用している家庭の中には、災害時用に多めに水を注文してストックしているという人も多いのではないでしょうか。サーバー用にボトリングされたお水は衛生管理や品質チェックが厳しく行われており、ストック用に適しています。

しかし、ボトリング水は大体1年程度の賞味期限となっています。

期限を過ぎると風味が落ちたり、保管状況によってはカビや雑菌は繁殖する可能性もあります。水の保管方法については各社ガイドラインに添って行うようにすると安心です。

災害時用にストックする時の注意点

災害時用に水をストックする場合、置き場所はとても悩ましいところではないでしょうか。

成人1人当たり1日3リットルの水が必要といわれており、家族人数によってはストック用水はとてもかさばるので、多くのスペースが必要です。

また、水は重たいので高いところに保管するのは危険です。地震や天災時に上から落ちてこないよう、安定した場所に置く必要もあります。

そこでついつい押入れや物置の置くに押し込んでしまいがちな飲料水ですが、品質が変わってしまう恐れもあるので保管温度や湿度に注意しなくてはなりません。

ペットボトルに入っているからといって、どこに置いても良いとは限りません。ボトルのプラスチックが変形・変質する恐れがあるので、高温になる場所には置かないようにしましょう。

また、狭い場所に無理やり押し込んでしまうと、ボトルが破損して水漏れの原因になることも。

直射日光が当たることも避けましょう。箱やケースにまとめていれ、すぐ取りだせる場所、破損しにくい場所を選ぶと安心です。

できれば高温・多湿を避け、一年を通じて一定の温度で保てる場所がベストです。定期的に中身に異常がないかチェックし、賞味期限前に新しい水と交換するようにしましょう。

一度ストック用にしまいこんでしまうと、ついついそのままにしてしまう人が多い災害時用のお水。一年に一度程度は、お水を始めとする災害時用食品の賞味期限や保管状況をチェックすることが大切です。

今回は、意外と忘れがちなお水の賞味期限についてご紹介しました。

賞味期限に関するポイントを踏まえて、防災に効果的なお水のストックを始めてみませんか?