ウォーターサーバーを比較する前に知っておこう!

狭い部屋でも大丈夫!省スペースを実現するウォーターサーバー

space-saving
「一人暮らしでも美味しいお水が飲みたい」「お水にこだわりたい」という人は少なくありません。

しかしワンルーム住まいではサーバーを置く場所の確保が難しいのも事実。そこでオススメなのが、省スペースタイプのウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは場所を取る?

ウォーターサーバーというと、非常に場所を取るというイメージがあるかもしれません。これまでのサーバーは幅と奥行きだけでなく、ある程度の高さも必要でした。しかしサーバーの軽量化・スリム化が進み、最近では非常に省スペースなものも登場。これまでの概念を覆す、「場所を取らないサーバー」が実現しているのです。

例えば従来のサーバーは、幅30センチ・奥行き30~35センチというものが主流でした。しかし最新のタイプでは幅23センチというコンパクトタイプも登場しています。高さについても、90センチ前後のサーバーが主流な中、卓上コンパクトタイプでは高さ43センチという超コンパクト化を実現しているのです。

これならちょっとした空きスペースにも設置することができ、お掃除の際も邪魔になりにくいので嬉しいですね。重さに関しても軽量化が進み、いざというとき動かしやすいのがメリットです。

デザイン面でも、より洗練されたものが増えてきているので、狭い部屋の中でも圧迫感なく使用できます。色や形も好みによって選べるので、家具やインテリアと雰囲気を合わせることも可能です。

重量だけは考慮しておく必要が

ボディサイズのコンパクト化が進むウォーターサーバーですが、総重量についてはまだまだ考慮する余地があります。床置きタイプの標準的なサイズのサーバーでは、本体の重量が15~20kgほどあります。これにボトルに入った水の重さが加わるので、総重量は20kg以上に。

卓上小型タイプのサーバーでも本体受重量は5kg以上あるため、水の重さを足すと10kg以上になると考えられます。小型サーバーは卓上やキッチン、棚の上などに置くことが想定されていますが、総重量を考えると設置場所にも検討が必要です。

サーバーは機械なので、ある程度の重さがあるのは仕方ないと言えるでしょう。また、転倒防止の意味も含めて、あまり軽くなりすぎないような作りになってもいます。

ウォーターサーバーを選ぶときは、設置場所とサーバーの総重量を照らし合わせて検討するのがおススメです。使い始めてから不便さや転倒の危険性に気付く、ということがないように、前もってしっかりリサーチしておくと安心ですね。

自宅のスペースを賢く使って、あなたのお部屋にピッタリなサイズのウォーターサーバーを見つけましょう!