ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーで飲めるお水の温度とは?

temperature
ウォーターサーバーを利用することのメリットは、好きな時に好きなだけ、美味しいお水を好きな温度で楽しめること
温水と冷水が楽しめることを知っている人は多いかと思いますが、実際のところ何度くらいの水が出るのか気になりませんか?

ウォーターサーバーのお水の温度設定とは

ウォーターサーバーのお水はいつでもすぐに冷たい水が出るのが嬉しいですね。
夏場は特に冷たい水が美味しくて、ついつい飲みすぎちゃうなんてことも。
しかし一方で、冷たすぎる水は体に合わないという人もいるかもしれません。
そこで気になるのが、ウォーターサーバーの冷水はどれくらいの温度になっているのかということ。

ウォーターサーバーは業者によって細かな仕様が異なりますが、冷水に関しては大体3~8℃に設定されていることが多いようです。
いろいろなサーバーの冷水設定温度を比べると、最も冷たくて2℃、一番高くて12℃のお水を楽しむことができます。

ウォーターサーバーから出る温水では、平均温度が約80℃。
省エネモード使用時は70℃、最高温度で90℃というタイプもあります。
高温の温水が出るウォーターサーバーでは、チャイルドロックや安全装置が付いているため、安心して温水を使用することができます。

業者によっては常温注水が可能なタイプもあり、水の温度はお好みに応じて選べるようになっているのです。

小さい子供のいる家庭でも安心!ウォーターサーバーの便利機能

小さい子供や赤ちゃんのいる家庭では、生活の中の安全管理にとても気を使いますね。 電子機器の扱いはもちろん、物の転倒や破損、子供のいたずらにも注意しなくてはいけません。 そこで、今回はウォーターサーバー ...

続きを見る

好きな温度に設定可能なサーバーもあります

ウォーターサーバーの種類によっては、お水の温度を複数の段階に応じて設定することが可能なタイプも。
冷水・温水それぞれに段階設定が可能で、季節や好みに応じて使い分けることができます。

例えば冷水では、通常モードと弱冷モードの2段階設定で、夏場は通常モードで冬は弱冷モードにするといった方法もあります。
温水についても、通常モードでは80℃以上の高温水でお茶やコーヒーを淹れるときや料理に使用し、70℃程度の温水が出る弱温モードでは赤ちゃんのミルク作りに使用するといった使い分けもできます。

また、深夜や利用頻度の少ない時間帯には省エネモードにすることで、水の温度を調節するという方法も。
特に温水は、常に高温をキープするために多くの電力を必要とします。
あまり使わないときはお湯の温度を低くしておくことで、節電になるのです。

ウォーターサーバーは自分好みの使いやすさにカスタマイズでき、ライフスタイルや家族構成によって設定を変えることも可能です。
季節や使用頻度に応じて、温度設定機能を使い分けるのもオススメ。

お金がかかるというイメージのあるウォーターサーバーですが、節電機能も日々向上しているので、意外とコストが抑えられるものもあります。
今回ご紹介した機能を活用して、お得で便利なウォーターサーバーライフを始めてみませんか?

-ウォーターサーバーの基礎知識

Copyright© ウォーターサーバーを比較する前に知っておこう! , 2017 All Rights Reserved.