ウォーターサーバーの基礎知識

お水の種類は?味は?サーバーのお水は何が違うのか

taste
お水なんてどれも同じ、そう思っている人は少なくないのでは?
特にウォーターサーバーを利用する宅配水サービスは、なんとなく体に良さそうだけど何が良いのかわからない、なんて人も多いかもしれません。
実は、宅配水は水の種類や味、成分など会社ごとにさまざまな違いがあるのです。

好みや目的に合った水が選べるというメリット

ウォーターサーバーで使われている水は、大きく分けて2種類です。
1つは天然のミネラル成分が豊富に含まれている「天然水」。
もう1つは、RO(逆浸透膜)フィルターという膜でろ過した、「RO水」です。
2つの水の違いは以下の通りです。

天然水

自然によって長い時間をかけてろ過されているので、天然のミネラル成分を多く含んでおり、採水地によって味わいが異なるのが魅力です。
日本の自然によって育まれた水なので、日本人の口や体に良く合います。
人の手による加工処理方法が限定されています。

RO水

採取した水を高度ろ過し、不純物をできる限り取り除いた「純水に近い水」です。
ろ過することでミネラル成分やイオンまで取り除かれてしまうのがデメリットですが、放射性物質やダイオキシン、環境ホルモンなどの有害物質も除去できます。
ろ過した後にミネラル成分を加えたり、味を調整したものもあります。

天然水=ミネラルウォーターと思っている人が非常に多いようですが、実はこの2つは別物です。
ミネラルウォーターはろ過・沈殿・加熱処理など人の手によって加工された水であり、自然によってろ過された天然水とは異なるのです。

ただし、天然水を使ったミネラルウォーターなども市販されており、明確な差別は難しいのが実状です。

意外と知らない水の種類と特徴

サーバーで使われる2種類の水のほかにも、実はさまざまな種類の水があります。
ここではその名前と特徴をご紹介します。

アルカリイオン水

スーパーなどでも市販されているこちらは、カルシウム化合物を加えて電気分解した水のことをいいます。
胃酸過多や胃もたれなどの胃腸症に効果があり、骨粗しょう症や体内脂肪の低下に役立つということも知られています。

ナチュラルウォーター

日本での定義は、「特定の水源から採水した地下水を原水として、沈殿・ろ過・過熱処理以外の化学処理を行っていない」水のこと。
EUの基準では、一切の処理がされていない天然水を指します。

ナチュラルミネラルウォーター

ミネラル分が天然の状態で溶け込んでいる、鉱化された地下水を原水とする天然水のこと。
日本で採水される天然水はミネラルが含まれているため、その多くがこのナチュラルミネラルウォーターに分類されます。

ボトルドウォーター

地下水以外の原水を使用することもあり、原水本来の成分を変える処理方法に限定がない水を指します。
地表水や水道水に殺菌を施したものも、ボトルドウォーターと呼びます。

いかがでしたか?
水には意外と多くの種類があることをご紹介しました。
スーパーやコンビニなどで売られているお水も、成分表示をみるとこれらの分類がなされています。

「美味しい水」と思って買っていたものが、実は人工的に加工されたお水ということも珍しくありません。
今回ご紹介したお水の種類を覚えて、ぜひ毎日飲むお水をチェックしてみてください。

-ウォーターサーバーの基礎知識

Copyright© ウォーターサーバーを比較する前に知っておこう! , 2017 All Rights Reserved.